ウォーターサーバー 妊婦

妊婦さんのためのウォーターサーバー選びのポイント

おなかの中の赤ちゃんを優先した食生活を

健康の基本は栄養バランスを考えた食事を1日3食、きちんと摂ることです。

 

妊娠中は 自分の健康のことはもちろん、おなかの中の赤ちゃんの事も考えた食生活を考えることが大切です。

 

妊娠する前までは、特に食事の大切さを意識せず、好きなものを食べえたいだけ食べていたという方もいるかもしれませんが、妊娠を機にこれまでのご自身の食生活を見直してみましょう。

 

妊娠中に健康を意識して栄養バランスを考えた食事を習慣にすることは、出産後の良質な母乳のための食事や離乳食やその後の子どもの健やかな発育のための食事作りにもつながっていきます。

 

妊娠中の食事と栄養については、別ページで詳しく解説しますが、ここでお料理やお茶に使う水について考えてみましょう。

 

妊娠中の飲み物は何がおすすめ?

お腹の中の赤ちゃんは、お母さんが飲んだもの、食べたものの一部を栄養として体に取り入れています。

 

また、赤ちゃんは、胎盤を通して酸素や栄養物質をお母さんからもらいますが、それと同時に有害物質も取り込んでしまいます。

 

環境汚染が進んでいる現在、「環境ホルモン」などの有害物質から赤ちゃんを守るためには、妊娠中はもちろん、赤ちゃんが生まれてから母乳をあげるときも、お母さんは食べ物だけでなく有害物質の入っていない「安全・安心なお水」を飲むことが大切です。

 

ですから、妊娠していることがわかった時から、料理やお茶に使う水についても、「安全・安心なお水」を選びましょう。

 

水道水をそのまま飲んだり料理に使う方は少ないと思いますが、おなかの赤ちゃんの事も考えてぜひ良質なお水を使いたいものです。

 

弱アルカリ性の軟水イオン水が理想的

血液やリンパ液をはじめとする人間の体液は、場所によっても大きく異なりますが、基本的にはph7.4程度の弱アルカリ性です。

 

このことを考えれば、水分補給にもっともよいのはph7.5程度の弱アルカリ性の軟水ということになりますが、現代人はストレスや環境汚染、加工食品や食品添加物などの影響によって、酸性体質に傾きやすいので、ph8程度の弱アルカリ性の軟水がもっとも理想的と言っていいでしょう。

 

大人の場合にはミネラル成分が多少多くても問題ありませんし、カラダのコンディションによっては硬水のアルカリイオン水を選ぶこともメリットがありますが、赤ちゃんのことを考えれば、できるだけミネラル成分は少ない方がいいでしょう。

 

当サイトで人気のキリンアクウィッシュコスモウォータークリティアのお水はいずれも軟水のアルカリイオン水ですから妊婦さんにもおすすめのウォーターサーバーです。

 

ボトルには環境ホルモンの心配のないワンウェイボトルを使用し、放射性物質検査についてもホームページ上で公開しているので安心ですね。